自然の力は大きい

2007.04.12

自然の力は大きい
 来客者と意気投合した耕人舎のスタッフ連。「庭の花が綺麗ですから見に来ませんか」との誘いにさっそく見学に参上。花育ての極意を聞いた上、花苗をチャッカリ頂戴してニコニコ顔で帰って来た。お陰で事務所の庭にもプランターの数が増えて気が和む。日本人には、自然に対する繊細な感受性がある(『国家の品格』:藤原正彦著)そうだ。同書ではこの感受性の鋭さの一例に桜の花を挙げてある。「日本人は桜の花が咲くこの3、4日に無上の価値を置く。たったの3、4日に命をかけて潔く散っていく桜の花に、人生を投影し、そこに他の花とは別格の美しさを見出している」、と。さすが日本の国花である桜が与える感動は違うのかな、と思いたくなる。が、耕人舎にある花も人間同士のコミュニケーションに果す役割と和やかな風情づくりでは桜に劣らない。やはり自然の力は大きい。
耕人舎

鹿児島県日置市猪鹿倉一丁目6番地1

鹿児島県知事(3)第5516号

099-213-9234

メールフォームはコチラ

FAX 099-213-9244